TinyCLRのチュートリアル -1

ここでは、TinyCLR OSの基本的な使い方について、チュートリアル形式で掲載しています。

異なるハードウエアでも基本的に操作方法は変わりませんが、ここではFEZをベースに記載しています。

 

●システムのセットアップ

最初にソフトウエア等をインストールしておく必要があります。セットアップについてはこちらをご覧下さい。

 

●新規プロジェクトを開始

Visual Studioを起動し、File > New Projectを選択。

新しいプロジェクトを開始

ツリーにあるVisual C#の下からTinyCLRを選択します。

TinyCLR Applicationを選択して、プロジェクト名、保存場所などを設定して「OK」ボタンをクリックしてください。

TinyCLRプロジェクトを選択します

 

プロジェクトには一つC#というファイルがありそれがProgram.csです。このファイルにプログラムを書きます。

ソリューションエクスプローラ

もしソリューションエクスプローラーが表示されていない場合には、View > Solution Explorerメニューをチェックすると表示されます。

ショーソリューションエクスプローラを見ます

●NuGetパッケージの追加

TinyCLR OSはNuGetパッケージを使用します。すべてのライブラリは、NuGet経由でダウンロードされます。このためマシンにSDKをインストールしません。はありません。プロジェクトごとに、必要なライブラリの必要なバージョンをNuGetを使用してダウンロードします。

NuGetパッケージを管理するには、右側のソリューションエクスプローラでプロジェクトを右クリックし、 Manage NuGet Packagesをクリックしてください。

ショーソリューションエクスプローラを見ます

●ローカルホスティングパッケージNuGet

TinyCLR OSはまだ新しくリリースされたものです。メーカーのGHI社はまだNuGetにすべてのパッケージをアップロードしているわけではありません。よって使用可能なライブラリをダウンロードし、アーカイブを展開してローカルNuGetフィードにそれらを配置します。(※ローカルNuGetフィールドとは、自機PCのNuGetを配置する場所のことです。)

これを行うには、Visual StudioでローカルのNuGetフィードを指定する必要があります。

右側のソリューションエクスプローラでプロジェクトを右クリックし、 Manage NuGet Packagesをクリックしてください。その後、「パッケージソース」の設定アイコンを選択します。

ソースパッケージナゲッツの設定

 

次に新しいパッケージのソースを追加するために「+」をクリックします。

パッケージソースの追加

 

…アイコンを押して、NuGetパッケージが保存されているるローカルの場所を選択します。

パッケージは下記のURL先で「Libraries」のところでダウンロードして展開したフォルダを指定します。

http://docs.ghielectronics.com/tinyclr/downloads.html#visual-studio-project-system

ローカルフォルダNuGetパッケージを選択します。

 

インストール済みのNuGetパッケージを表示するには、「インストール済み」タブを選択します。

ショーインストール済みパッケージNuGet

 

「参照」タブを選択すると、ローカルのNuGetフィードにあるすべてのNuGetパッケージが表示されます。インストールされているものは、名前の前に緑のチェックマークが記載されています。

ローカルNuGetフィードを閲覧

 

パッケージのいずれかをインストールする場合は、インストールしたいパッケージの右端にマウスカーソルを持って行くと、下向きの矢印が表示されるのでクリックします。

ナゲッツは、パッケージを追加します

 

変更の確認というウインドウが出たら、OKを押します。

「ライセンスへの同意」という使用許諾契約に同意するとインストールできます。

NuGetのための契約に同意

下記のライブラリはインストールしておいてください。

 

・GHIElectronics.TinyCLR.Core

・GHIElectronics.TinyCLR.Devices

・GHIElectronics.TinyCLR.Drawing

・GHIElectronics.TinyCLR.Pins

・GHIElectronics.TinyCLR.Storage

 

以上で、TinyCLR OSを使用してプログラミングを開始する準備が整いました。

Tags:
wpmaster

Comments closed.