TinyCLRのチュートリアル -1

ここでは、TinyCLR OSの基本的な使い方について、チュートリアル形式で掲載しています。

異なるハードウエアでも基本的に操作方法は変わりませんが、ここではFEZをベースに記載しています。

 

●システムのセットアップ

最初にソフトウエア等をインストールしておく必要があります。セットアップについてはこちらをご覧下さい。

 

●新規プロジェクトを開始

Visual Studioを起動し、File > New Projectを選択。

新しいプロジェクトを開始

ツリーにあるVisual C#の下からTinyCLRを選択します。

TinyCLR Applicationを選択して、プロジェクト名、保存場所などを設定して「OK」ボタンをクリックしてください。

TinyCLRプロジェクトを選択します

 

プロジェクトには一つC#というファイルがありそれがProgram.csです。このファイルにプログラムを書きます。

ソリューションエクスプローラ

もしソリューションエクスプローラーが表示されていない場合には、View > Solution Explorerメニューをチェックすると表示されます。

ショーソリューションエクスプローラを見ます

●NuGetパッケージの追加

TinyCLR OSはNuGetパッケージを使用します。すべてのライブラリは、NuGet経由でダウンロードされます。このためマシンにSDKをインストールしません。はありません。プロジェクトごとに、必要なライブラリの必要なバージョンをNuGetを使用してダウンロードします。

NuGetパッケージを管理するには、右側のソリューションエクスプローラでプロジェクトを右クリックし、 Manage NuGet Packagesをクリックしてください。

ショーソリューションエクスプローラを見ます

●ローカルホスティングパッケージNuGet

TinyCLR OSはまだ新しくリリースされたものです。メーカーのGHI社はまだNuGetにすべてのパッケージをアップロードしているわけではありません。よって使用可能なライブラリをダウンロードし、アーカイブを展開してローカルNuGetフィードにそれらを配置します。(※ローカルNuGetフィールドとは、自機PCのNuGetを配置する場所のことです。)

これを行うには、Visual StudioでローカルのNuGetフィードを指定する必要があります。

右側のソリューションエクスプローラでプロジェクトを右クリックし、 Manage NuGet Packagesをクリックしてください。その後、「パッケージソース」の設定アイコンを選択します。

ソースパッケージナゲッツの設定

 

次に新しいパッケージのソースを追加するために「+」をクリックします。

パッケージソースの追加

 

…アイコンを押して、NuGetパッケージが保存されているるローカルの場所を選択します。

パッケージは下記のURL先で「Libraries」のところでダウンロードして展開したフォルダを指定します。

http://docs.ghielectronics.com/tinyclr/downloads.html#visual-studio-project-system

ローカルフォルダNuGetパッケージを選択します。

 

インストール済みのNuGetパッケージを表示するには、「インストール済み」タブを選択します。

ショーインストール済みパッケージNuGet

 

「参照」タブを選択すると、ローカルのNuGetフィードにあるすべてのNuGetパッケージが表示されます。インストールされているものは、名前の前に緑のチェックマークが記載されています。

ローカルNuGetフィードを閲覧

 

パッケージのいずれかをインストールする場合は、インストールしたいパッケージの右端にマウスカーソルを持って行くと、下向きの矢印が表示されるのでクリックします。

ナゲッツは、パッケージを追加します

 

変更の確認というウインドウが出たら、OKを押します。

「ライセンスへの同意」という使用許諾契約に同意するとインストールできます。

NuGetのための契約に同意

下記のライブラリはインストールしておいてください。

 

・GHIElectronics.TinyCLR.Core

・GHIElectronics.TinyCLR.Devices

・GHIElectronics.TinyCLR.Drawing

・GHIElectronics.TinyCLR.Pins

・GHIElectronics.TinyCLR.Storage

 

以上で、TinyCLR OSを使用してプログラミングを開始する準備が整いました。

Tags:
wpmaster

TinyCLR OS イントロダクション

TinyCLR OSは、米GHI社が開発したMicrosoftのVisual Studioを使用して組込機器のファームウエアを開発するNET Micro Frameworkを利用するOSです。

始めるために必要なものは、Visual Studio、マイクロテクニカで販売しているTinyCLRデバイス、およびUSBケーブルです。プログラムの開発環境は無償で使えます。

 

G80モジュール
G80 FEZ Panda II

TinyCLR OSは、.NET開発者のために作られています。TinyCLR OSでは.NET上でスレッド、メモリ管理、タイマー、イベントハンドラ、およびその他多数の機能を使用できます。ハードウェアと協調するため、TinyCLR OSは、Windows10のIoTコア拡張APIに似たAPIを持っています。これによりGPIO、UART、SPI、I2C、ADC、DAC、PWM、およびその他多くの機能が利用可能です。

すべてのライブラリは、NuGetから入手できます。このため、SDKをインストールする必要はありません。単にプロジェクトごとに、必要なライブラリ、必要なバージョンをNuGetからダウンロードするだけです。NuGetって何?っていう方はこちらをお読みください。

  1. まだVisual Studioの2017をお持ちでなければ、マイクロソフト社のサイトから自由にダウンロードしてインストールできます。→Visual Studio Community 2017
  2. インストールする際には、.NET desktop developmentを選択してください。
  3. 続いてTinyCLR OS 用Visual Studioの拡張パック(Visual Studio Project System)をインストールしてください。
  4. USBケーブルを使ってPCにデバイスを接続します。まだTinyCLR OSデバイスを持っていないのであれば、マイクロテクニカから購入しましょう。TinyCLR OSのために作られたボードです。
  5. Visual Studioを起動しプロジェクトを新規作成します。TinyCLR Applicationの下にあるC# > TinyCLRを選びます。
  6. いくつかのコードを追加してF5キーを押すと、アプリケーションのデバッグを開始します。
  7. TinyCLR OSは新しくリリースされたOSなので、GHI社はまだNuGetにすべてのパッケージをアップロードしていません。現在は、こちらの使用可能なライブラリをダウンロードしてファイルを展開し、それらをローカルNuGetフィードに置いてください。
  8. もしあなたのデバイスのファームウェアをアップデートする必要がある場合は、ファームウェアをダウンロードしてこちらの説明に従いお使いのデバイスを更新してください。

あなたが.NETMFの既存のユーザーであっても問題ありません。TinyCLR OSは.NETMFと完全に独立しており、サイド・バイ・サイドで動作します。

TinyCLR OSはまだ非常に新しくリリースされたOSです。よってまだいくつかのライブラリおよび機能は欠落している可能性があります。補完のため計画が進行中です。リリースノートを見てください。のロードマップでGHI社が計画していることを確認できます。

自分のハードウエアで、TinyCLRが動作するか確認したいですか?移植ガイドをチェックして、どのように開始したらいいか確認してください。

※原文:http://docs.ghielectronics.com/tinyclr/intro.html

 

→[次のステップ]Tiny CLRチュートリアルへ

Tags:
wpmaster